2010年08月23日

土佐日記歌集53 さざれ波

2010-0823-tsn53j.jpg
2010-0823-tsn53
土佐日記歌集53 さざれ波

さざれ波寄する文をば青柳の
かげの糸して織るかとぞ見る  或人

土佐日記歌集 53 V08Sho65 2010-0823-tsn53

□さざれなみ よするあやをば あをやぎの
 かげのいとして おるかとぞみる
○或人(あるひと)。
posted by 悠 at 06:00| 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

土佐日記歌集52 なかりしも

2010-0822-tsn52j.jpg
2010-0822-tsn52
土佐日記歌集52 なかりしも

なかりしもありつつ帰る人の子を
ありしもなくて来るが悲しさ  昔の子の母

土佐日記歌集 52 V07Sho64 2010-0822-tsn52

□なかりしも ありつつかへる ひとのこを
 ありしもなくて くるがかなしさ
○昔(むかし)の子(こ)の母(はは)=紀貫之の妻。(『大観』は「はは」)
posted by 悠 at 06:00| 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

土佐日記歌集51 君恋ひて

2010-0821-tsn51j.jpg
2010-0821-tsn51
土佐日記歌集51 君恋ひて

君恋ひて世を経る宿の梅の花
むかしの香にぞなほ匂ひける  或人

土佐日記歌集 51 V06Sho63 2010-0821-tsn51

□きみこひて よをふるやどの むめのはな
 むかしのかにぞ なほにほひける
○或人(あるひと)。
posted by 悠 at 06:00| 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

土佐日記歌集50 千代経たる

2010-0820-tsn50j.jpg
2010-0820-tsn50
土佐日記歌集50 千代経たる

千代経たる松にはあれどいにしへの
声の寒さは変らざりけり  在る人

土佐日記歌集 50 V05Sho63 2010-0820-tsn50

□ちよへたる まつにはあれど いにしへの
 こゑのさむさは かはらざりけり
○在(あ)る人(ひと)=「ここにいる人」。
posted by 悠 at 06:00| 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

土佐日記歌集49 世の中に

2010-0819-tsn49j.jpg
2010-0819-tsn49
土佐日記歌集49 世の中に

世の中に絶えて桜の咲かざらば
春のこころはのどけからまし  在原の業平の中将

土佐日記歌集 49 V04Sho63 2010-0819-tsn49

□よのなかに たえてさくらの さかざらば
 はるのこころは のどけからまし
○在原(ありはら)の業平(なりひら)の中将(ちゅうじゃう)=在原
業平。
【編注】上二句目「絶えて」を、岩波版『大系』は「絶へて」。
posted by 悠 at 06:00| 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。