2010年07月05日

土佐日記歌集05 惜しと思ふ

2010-0705-tsn05j.jpg
2010-0705-tsn05

土佐日記歌集05 惜しと思ふ

惜しと思ふ人や留ると葦鴨の
うち群れてこそわれは来にけれ  かの人々

土佐日記歌集 05 T05Sho32 2010-0705-tsn05

□おしとおもふ ひとやとまると あしがもの
 うちむれてこそ われはきにけれ
○かの人々=「守(かみ)の兄弟(はらから)、…異人(ことひと)…守の館(たち)の人々」。
posted by 悠 at 06:00| 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。